不動産投資では収益物件の選び方が重要です

不動産投資を始めるにあたり、何を購入すればよいのかを悩むと思います。不動産投資セミナーで基本を学習したはよいけれど、いきなり何億もの物件を買うことは一般人にはできません。

まず思いつくのがアパート大家さんでしょうか。学生アパートの管理人で不労収入を得ている人がいたなあと誰もが過去を振り返って思い出すかもしれません。しかし、このアパート大家さんになるのも大事なポイントがあります。そのアパートが収益物件に本当にあたるかどうかを見極める必要性があるのです。

収益物件とは一定の収入が毎月見込める物件で賃貸マンション、アパート等がこれに該当します。所有者が必ずしも収益物件の管理をして清掃等をする必要はありません。しかし、収益物件を購入するにあたってはしっかりとその物件に人が集まってくれるかどうかを見極める必要性があるのです。新築のうちは入居希望者がどんな場所でもある程度あつまってくれると思います。しかし、築年数がたってくると、外観のわるい物件、不便な物件には人は集まらなくなります。

また、築年数とともに、物件の修繕費用も発生してくるのでできるだけそういうものを抑えた物件を購入した方が良いのは明白です。